維持管理のための忍耐力が肝要

現代社会は情報システムによって支えられているのが事実であり、その維持管理を行っていくことが欠かせません。社内システムだけでなく、社会における様々なサービスは情報システムによって実現されているの面もあり、わずかな破綻を起こすことが大きな社会的ダメージになることすらあり得ます。

そのような状況からエンジニアによる「情報システムの監視が常時行われること」が不可欠であり、監視から維持管理に至る仕事においてはフリーエンジニアが重宝されているのが現状です。インフラを担うシステムを常に正常動作させることが求められるため、最も必要とされるのが「仕事の正確さ」であり、それに「迅速さ」が加わることによって予測不能な事態からの復旧を早めることができます。

しかし、いざというときに正確さのある仕事ができることと同等に必要となる能力もあり、フリーエンジニアの採用においてそれが重要視される可能性もあります。それは「忍耐力」であり、滅多に起こることがないエラーのために常に監視を続けていく忍耐力は維持管理において欠かせない能力であるのは明らかでしょう。活躍できる状況が生じてこないのが良い状況であると考えて、「忍耐強く監視を続けられる能力」が求められているものです。それがあってこそいざという事態を速やかにキャッチすることができ、正確で迅速な仕事ができるスキルが役に立つようになります。インフラ管理の成功と安定の根源にあるのは「忍耐力」なのです。